岡山県産ぶどうの通販│かわはらぶどう園 

かわはらぶどう園

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

Facebook インスタグラム
HOME»  かわはらぶどう園のこだわり

かわはらぶどう園のこだわり

かわはらぶどう園のこだわり

 

粒が大きく、色づき良好。甘みと酸味のバランスがとれた岡山育ちの絶品ぶどう

 

粒が大きく、色づき良好

甘みと酸味のバランスがとれた
岡山育ちの絶品ぶどう


白桃と肩を並べ、岡山を代表する果物として有名なのが、多種多様な顔ぶれがそろうぶどうです。色づきのよさ、高い糖度と適度な酸味、大粒の果実からあふれだす果汁。いずれのぶどうも質の高さが魅力で、その確かな味を求め全国から注文が相次ぐ岡山が誇る特産品です。

「岡山のぶどうは他とは違う」

そう言われるゆえんは、温暖で台風などの気候災害も少ない気候風土に加え、明治の頃から先人達による弛まない努力と常に革新されていく技術を今の世代が受け継いでいるからに他ありません。

 

 

130年の歴史に裏打ちされた栽培技術が
岡山ぶどうのブランドを支える


岡山のぶどうの歴史は、今から約130年前の明治初頭までさかのぼります。殖産興業策の一環として果実栽培が推奨され、桃やリンゴとともに、 岡山に導入されたのがぶどうでした。荒地でも育つということで栽培がスタートしましたが、高温多湿の日本の気候風土に馴染まず失敗が続きました。

そのようななか、明治19(1886)年、当時としては画期的な温室栽培が採用され、試行錯誤の末、マスカット・オブ・アレキサンドリアの温室栽培に日本で初めて成功。以来、温室栽培の技術を追求し、「1℃単位での温度管理にこだわる」と言われるまでに。先人からから受け継いだ技、絶え間ない努力、揺るぎない信念によって、ピオーネや瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカットなど、時代のニーズに合った多彩な品種のブドウを栽培しています。

岡山県南部では温室栽培が多く、そのため4~8月の早期出荷が可能となり、また岡山県北部では寒暖の差を利用した露地(無加温)栽培により9~12月の出荷が可能となっています。
地域の特性を生かした栽培により、4~12月と長い期間ぶどうが楽しめるのも岡山ぶどうの魅力です。

 

130年の歴史に裏打ちされた栽培技術が岡山ぶどうのブランドを支える

 

 

標高300~500mの中山間地域で
真面目にぶどうを栽培する


標高300~500m。岡山県中西部に位置する高梁市(たかはしし)は、吉備高原からなる丘陵地。昼と夜の寒暖差、高梁川の清流の恵みなどの気候風土を生かし、ピオーネをはじめ、瀬戸ジャイアンツ、紫苑などの品種を栽培する県内有数のぶどうの産地です。

「ここでぶどう作りを始めたのが、今から約15年前のことでした。」

かわはらぶどう園はぶどう棚の販売や設置を行う業者でしたが、「植物が好きで、自然に携わる仕事に携わりたかった」という思いから、並行してぶどう作りへ新規参入。

岡山県南部では温室栽培が多く、そのため4~8月の早期出荷が可能となり、また岡山県北部では寒暖の差を利用した露地(無加温)栽培により9~12月の出荷が可能となっています。
地域の特性を生かした栽培により、4~12月と長い期間ぶどうが楽しめるのも岡山ぶどうの魅力です。

 

標高300~500mの中山間地域で真面目にぶどうを栽培する

 

 

ぶどうは口のない生き物。だからこそ、真摯に向き合い、その声に耳を傾ける。

 

ぶどうは口のない生き物。だからこそ、真摯に向き合い、その声に耳を傾ける。

 

ぶどうは口のない生き物

だからこそ、真摯に向き合い、
その声に耳を傾ける


河原さんのぶどう栽培は、10~11月にかけて行う土作りから始まります。ぶどう作りは土作りが肝心。掘り起こして堆肥・肥料を与え、土壌管理を行います。さらに、12月には裏山の落ち葉をブドウ畑に敷き詰め、土壌水分が適切となるよう、土作りに余念がありません。

寒さの厳しい1~2月にはせん定作業が待っています。1本の枝に栄養を集中して送るため、よい枝を見極めて残す作業は経験が必要不可欠。そうして選別した枝に実がなると、200粒を35粒近くまで減らす摘粒(粒を間引く)作業が始まります。7月には袋かけを行い、雨や病害からぶどうを守ります。当たり前ですが、これらはすべて手作業で行っています。

「ぶどうは口のない生き物です。その声を聞くために、休むことなく畑に出て、ぶどうの状態を注意深く観察します」

「岡山のブドウはおいしい」と言われるゆえんは、こうした手間をいとわない生産者の努力の結実にほかならないのです。